現金化の相場と動向予測|クレジットカードを現金化すれば急場も凌げる!

現金化の相場と動向予測

100万円の入った封筒

カード換金の相場というものは、どのようにカード換金するかによって全く変わってきます。 まず自分でカード換金する場合ですが、この場合は相場はあってないようなものです。 自分でカード換金をする場合は基本的に商品をショッピング枠で購入して、それをネットオークションなどを利用して販売することになりますよね。 その際に選んだ商品によって相場はまったく違ってきます。 商品ごとの相場というものはあれど、カード換金そのものの相場はないのです。 しかし業者を利用した場合、換金率の相場があります。 多くの業者が80パーセント前後の換金率でサービスを提供していますので、これが相場と言えるでしょう。 ただし換金額が20万円を超えるような大金の場合には90パーセント越えの換金率となることも多々ありますので、80パーセントというのはあくまでも一般的な平均値であると言えるでしょう。

カード換金に関わるトレンドとして最も重要なのは、業者の提供するサービスでしょう。 現在主流なのは、キャッシュバック型と買取型の二つです。 キャッシュバック型とは、商品購入の特典として現金のキャッシュバックを受け取る方法です。 買取型とは、業者が指定した商品を第三者であるデパートや量販店から購入し、それを業者が買い取って換金とする方法です。 そしてこの二つのトレンドとなっているサービス形態は、今転換期を迎えていると言えます。 国が規制を強めてきたので、各業者は新しいサービス形態の模索に取り組んでいるのです。 今後は業者の数そのものが減ることが予想されますが、それと同時に新しい形のカード換金サービスが生まれる可能性も高いでしょう。