カード現金化の動向予測|クレジットカードを現金化すれば急場も凌げる!

カード現金化の動向予測

残金ゼロ円をアピールする女性

カード現金化という行為の今後の動向ですが、一言でいうと「業者が少なくなる」と予想されます。 日本の各省庁はカード現金化という行為そのものを取り締まる動きを強めていますが、現在業者の提供するサービスの中で主流となっているキャッシュバック型や買取型と言った換金方法は法律的に若干グレーな部分があるので、今後規制される可能性は十分にあるのです。 個人で行う現金化については、今後も今までと同様、自由に行うことができるでしょう。 転売そのものを違法とする法律はありませんし、営業性が認められない範囲であれば問題のある行為ではありません。 今後カード現金化は業者を利用する人よりも自分で商品購入から転売までを行う人の方が多くなることが予想できるのです。

現在なぜこれほどカード現金化が人気なのか、その理由はやはり、単純に需要が多いからでしょう。 現金を欲していても、なかなか手に入らない人が多いのです。 2010年に施行された総量規制によって、借入金額は年収の3分の1にまで制限されましたよね。 この総量規制によってクレジットカードのキャッシングなどのサービスで手にできる現金も少なくなってしまったのです。 キャッシング枠を使い切ってしまったけれど、もう少し現金が必要だ、という人はかなり多いですので、そういった人がどうにか現金を手にするために、ショッピング枠を利用して手軽に現金を手に入れることが可能な、いわゆる「クレジットカード現金化」という手段を選ぶことが多いのです。